Tel:095-855-2684お電話でのお問い合わせはこちら

師範紹介

 

自己修業を含め中学から『武』を始め、柔道、空手、合気道の日本伝武道の継承を青少年と行っております。

日本武道の中には“残心”という言葉があります。『止め』をささず、傷つけず『心』を以って相手を制する。もしくは、相手がどのように抵抗しようが次に備えておく。いわば武による『惻隠の情』です。深く相手を思いやるという意味です。このことは武では強さ以上に大事な要素でしょう。

世界中にはそれぞれ、風土、文化、歴史を背景とした伝統武術があります。

日本式の精神を以って共通のルールを見い出し、それを原語とし試合をする。それが大会であり、世界に広めることが1つの国際交流の流れであり、日本を知ってもらう手段であると考えています。

                      和術慧舟會総帥 西 良典

師範プロフィール

・1955年長崎県五島列島生まれ
・拓殖大学で「柔道の鬼」こと故、木村政彦に師事
・最も過激な空手と言われていた大道塾で
83年、北斗旗無差別級優勝
84年、北斗旗重量級優勝、無差別級優勝
85年、北斗旗重量級優勝
86年、北斗旗重量級優勝
「北斗の覇王」の異名をとる
・87年、空手格斗術慧舟會を設立
・90年、全日本キック武道館大会でロブ・カーマンと対戦    
KO負け
・91年、全日本キック後楽園大会で力王と対戦 
KO勝利
・92年、第一回トーワ杯ジャパンオープン出場
準決勝で金泰泳に敗退
正道会館「格闘技オリンピック」に参戦
リングス参戦
ヘルマン・レンティング、角田信明、山本宣久
佐竹雅昭らとワンマッチで戦う
・94年、ザ・トーナメント・オブJで初代王者に輝く
バーリトゥード・ジャパン94東京ベイNKホールで
ヒクソン・グレイシーと日本人で初めて対戦
破れるものの、その勇気と功績は伝説となる
・95年、ザ・トーナメント・オブJ95武道館大会で
佐山聡とワンマッチ
・96年、ファースト・カウント五島大会で藤原喜明と対戦
・97年、オランダ柔術軍と6対6の対抗戦で勝利する
その後も飽くなき闘いを続けている

↑ PAGE TOP