考え 動く 東っ子

時津東小学校ホームページへようこそ。 最終更新 1月23日15時30分

new! インフルエンザの流行により、2年2組を学級閉鎖としています。閉鎖期間は1月23日(水)から1月24日(木)までの二日間です。

new! 1月22日(火)の長崎新聞「声 若いひろば」に、本校6年生 山口和希さんの投稿が掲載されています。題は「友の言葉で長縄練習本気に」です。

 

1月23日 今までの成長 これからの成長

 

5校時目、2年生の机の上のプリントには、「歩き始めたころ」のかわいい写真がはられています。2段目右の写真のような「家族へのインタビュー」をもとに「自分発見ブック」という成長記録の「歩き始めたころ」のことをまとめているところでした。生まれた頃や歩き始めた頃の自分について話を聞くことで、子どもたちは自分が成長していることを自覚していきます。

 

同じ時間、6年生の教室では、「〇〇のわた史」を書いているところでした。6年生は、「今までの自分」を振り返るとともに、これからどんな人生を歩んでいきたいのか、今の自分の考えを整理していきます。1段目右の写真は「下書き」です。それぞれ下書きをもとに清書していくのですが、拡大して掲示している先輩の作品を参考にして、きれいな字で清書しています。正しい漢字を使うため、辞書も引いています。
 子どもたちの下書きを見ていると、システムエンジニア・薬剤師・理学療法士・ケアマネージャー・ゲームクリエーター…などなど、様々な職業が記されています。親と同じ職業を選んで書いている子どももいます。
 予測がつかない時代を生きることになる子どもたちだからこそ、今までのこと、今からのことをしっかりと考えるのは大切だと思います。

 

 

1月21日 警報ベルがなったら…

 

風は冷たいものの太陽の光は暖かく、子どもたちが元気に遊んでいた昼休み。突然警報ベルが響き渡りました。今日は、「避難訓練」が予告なく行われました。(今週あたりに実施予定であることは知らせています。)ベルの音を聞き、早くも避難場所へと駆け出す子ども、その場で放送の指示に耳をすます子ども、みんなでしゃがんで放送を聞いている1年生もいます。出火場所は理科室。4年生はしっかり判断し、特別棟から遠い出口から避難してきました。
 いざというときに正しい判断ができるように訓練は大切です。

 

 

 

 

1月18日 1年生と6年生

 

「いらっしゃいませー」の元気な声に誘われて訪れた1年生の教室。お店屋さんごっこの最中でした。隣の教室は図工の時間。アイデア際立つすてきな作品ができあがっていました。

 

 

 

6年生の教室では、「租税教室」が開催されていました。講師は時津町税務課からお迎えし、「もし税金がなかったら」どんな世界になるのか、アニメーションで学習しました。税金がないと管理できないから公園がなくなる。救急車が有料になるとけがをしても救急車が呼べない…など。税金がぐっと身近なものに感じられました。「さば売り小僧ぎん太」と「大岩の守り神継石坊主」のキャラクターが描かれたバックもいただきました。

 

 

1月17日 朝の集会と音楽の授業

 

朝の集会は誰とでも上手にあいさつができるようになるための「名刺交換ゲーム」。一人6枚の名刺をもって、違う学年の人とあいさつ。じゃんけんをして勝ったらあいての名刺をもらえます。全ての学年の名刺を集めたらゴールです。ステージに上がった人たちは、ゴールをした人たち。こんなにたくさんの人がゴールしました。

 

 

5年生の音楽の授業は、琴の演奏の鑑賞。それだけではなく実際に琴を弾かせていただきました。琴とフルートの合奏や「365日の紙飛行機」の演奏を聴き、琴がぐっと身近なものに感じられました。遠くからお越しいただいた皆さんありがとうございました。

 

 

3学期の身体測定

 

学期初めの保健室は大忙し。21学級の身体測定が行われるからです。2年生の身体測定の様子をご紹介します。みんな静かに測定の順番を待っています。一見身長だけを測定しているように見えるのですが…、2段目左側の写真を見てもらうと、身長と体重が計測されているのがわかります。優れものです。

 

 

 

 

 

1月15日 昼休みの東っ子

 

運動場では縄跳びに挑戦する子どもたちがたくさんいます。ボランティアで、花壇の草抜きをしている子どもたちもいます。

 

 

今日のおはなし会は、「とらねこおはなし会」でした。おはなしを聞いて思わず笑顔になる子どもたち。心に栄養をいただきました。来週のおはなし会にもたくさんの子どもたちが参加しますように。