ケーブルテレビ サービスのご紹介

デジタル放送について

デジタル放送の特徴

デジタル放送の特徴の一つ、「ハイビジョン放送」
高画質ワイド画面

HDに対応した、地デジ・BS・CS番組は、従来の標準放送よりもきめ細かいハイビジョン放送が実施されております。

例えば、標準放送では確認できなかったゴルフ中継の芝の様子も、ハイビジョン放送では確認できたりします。

また、デジタル放送は従来の画面比率4:3から、16:9のワイド画面が標準となります。
この横長の画面が、映像を見る最適な比率と言われています。

  • ※番組によっては標準画質で放送されているものがございます。
高音質なら5.1chサラウンドの再生が可能
高音質

デジタル放送では、コンサートホールや映画館にいるかのような臨場感で、音楽や映画がこれまで以上に楽しめます。

STBとオーディオアンプなどを接続することで、より一層迫力のある音響を楽しむことができます!

  • ※番組によっては標準音声となる場合がございます。
「データ放送」とは?
データ放送

文字や図形などのデータで情報を伝える放送のことです。
デジタル放送では、この「データ放送」が利用できます。

データ放送対応番組でリモコンの「d」ボタンを押すと情報が表示されます。

  • ○ncm12ch「ながさきnow」では、ニュース・天気・交通情報など、様々な情報を取得することが可能です。
「EPG」とは?
EPG

Electric Program Guide(電子番組表)の略。
デジタル放送では、テレビ画面に番組表を表示させることができます。
見たい番組をテレビガイドから探すことなく、テレビ画面で選択することが可能です!

  • ○録画機能付STBでは、電子番組表から選んで録画することが可能です。